赤”の変化

2011春夏のトレンドカラーである赤”
大胆に着こなしてみては?
マゼンタやショッキングピンクのような鮮やかさは少ないですが
大胆な赤”赤が気になる人・・・・このような赤クール系の方着てみてくださいね。
赤黒白とコントラすを効かしてさっそうと春風に乗りたいものです(o^^o)

この照明は蛍光灯です。やや青みによって見えています。
青さが白い壁にはえて、よりいっそうヴィヴィっト”
洋服のお店が並ぶビルのなかは自然光が入ってこない。
蛍光灯や白熱灯やかなりの照明が当てられています。
私も・・・微妙な色合いは・・・何度か場所を変えて選びますし、離れてみたり他の服と並べて確認してしまいます・・・わかりにくいということだすね。(o^^o)
ファッションショップの店内や試着室だけで商品を選ぶのではなく、必要に応じて販売スタッフとともに店の外に出て、太陽光の下で確認したほうが賢明です。
クールベースの色は色温度が低い黄身が黄みがかった光の下ではかなり色あせてみえますし、色温度が高い照明青白い光の下では鮮やかに見えます。
ウォームベースの洋服の色は、黄みがかった照明のしたでは鮮やかに見え、青みがかった光の下では色あせてみえます。
また、グレーやベージュなどのニュートラルカラーも照明によって色や、イメージが違って見ええます。。
 
黄みの照明のした


暗い照明の下~~見えない(~~)
同じ色なのに変化して見えている、暗い・・照明が少ないと実際色は性格には見えにくい。
翌日自然光の元でみると違っていた”なんてこと多いです。
せっかく気に入って買ったのに~~~色味が違うとショックなものです(~~:)))
せっかくの赤”間違わないように♪♪(o^^o)
by  カラー&イメージコンサルタント豆田真由美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。