コサージュ

 






コサージュって
、生花や造花のブローチタイプの装飾品
洋服の胸元や襟元などに付けます。
最近はバックにつける大振りなものも・・・
振袖などの和装の時に帯止めのように付けたり、
バックや帽子などの小物にも付けたりと、
ヘアーにも様々なシーンで用いられています♪
コサージュとは本来、ドレスの「身ごろ」を意味するフランス語だそうです。
しかし19世紀の終り頃になると、
コサージュは飾りとして身につける小さな花束を指すように・・・
コサージュの元来の発生が、相手に喜びをあらわしたいという感情が
込められた装飾で、フォーマルな装いにあわせることが多いです。
なるほどですね(*^^*)・・・好きなはずです。

最近では、付ける位置にもこだわらず、帽子やバッグのアクセサリーとして、
ヘアーアクセサリーの髪留めとしても、
またブローチ代わりにショールやスカーフの留め具としても使用される方も
増えてきました。
和服に付ける時は、帯のところにさして帯飾りコサージュとして
使われるとオシャレです。
このように、今では特別な時に付けるだけでは無く、
気軽に付けられる様になっています。

お洒落の総称かな・・・コサージュって
by カラースタイリスト  豆田真由美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です