野の道~


今日は母と陶器のお店”野の道”へ行ってきました。
忘れずに写真を一杯”
大津市唐崎1丁目にあるお店です。
入り口・・・・・アプローチから
緑との壁に手作りのようなネームプレートが・・。
 

入り口にはいつも手描き友禅のような暖簾がかかってます。
今日は夏の麻布のような暖簾でした。季節感を演出☆

明かりも素敵でしょう和紙に墨絵のよう♪
ドアを開ける前から…わくわくします。


外と中を共有するかのような窓越しのディスプレイスペース”
一瞬にして目を奪われてしまいます♪

お皿、湯呑み、小皿、・・小鉢・・などなど・・・・
一点もの、セットもの一杯並べています。

この高台付きの可愛い小鉢”
母がゲット”
色が白地にピンクのラインにキラキラと輝いてるのです。
二人とも”@@/眼が釘付けです。


明かりと器と布のバランスがとっても素敵♪
青ラインの皿は昔私も購入しました。
でももう最後になるらしい・・・です。

畳のスペースには、どれも欲しい・・・ものが一杯です。

床は瓦を敷いたような雰囲気、
和モダンチックです。

奥には床の間に掛け軸、
飛び切りの器が品よく並んでいます。

備前焼

天井はこのような番傘が、
この下はテーブルになっていて、
お茶とコーヒーを頂きました。
カフェのようです…落ち着きます。
母の思い出話に花が咲いてしまいました~~:


ここは手描きのボールのような湯呑み?カップ?
オールマイティな器、柄も色彩豊か、
柄も個性的なものばかりです。

朝のクロスや布ものです。
写真はうまく撮れていませんーー:、
実際にお店に行っていただきたいな~~~。
楽しい時間を過ごさせていただき
ありがとうございます♪(:^^:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です